運動不足SEがサブ4目指す

慢性的に運動不足な30代SE(システムエンジニア)がマラソンでサブ4(4時間切り)を目指します。

富山マラソン2017レポート 当日編

レースから2日経ち、案の定今日が筋肉痛の峠のようです。

 

部位は

両脚前太もも、腰、肩、二の腕、ふくらはぎ。

 

太ももが一番痛くて、階段降りるときに手すり掴みたくなるレベル。

 

意外と脚使ってたようですね。やっぱりまだまだ修行不足。

 

今日は玉砕に終わった富山マラソン2017当日のレポート書いていきます。 

※雨でしたのでiPhone使えず、レース中の写真なしでお送りいたします・・・。次はSonyのアクションカムあたり買って、動画撮影できたらなと画策しております。

 

前日編はこちら。

chinoripan.hatenablog.com

 

当日 

5:00

起床。

起床してすぐさま富山マラソンHPを確認。

開催決定のお知らせに一安心しますが、なんと新湊大橋コースでの開催になるとのこと。

 

f:id:chinoripan:20171030103059p:plain

コース紹介 | 富山マラソン2017

 

荒天時は新湊大橋回避コース(青色のコース)になるとのことで、今回は回避だろうなーと踏んでいました。

 

そしたらまさかの新湊大橋コース。

富山マラソンの醍醐味でもあるコースを走れるのは嬉しいのですが、大丈夫なのか不安も少々。

よほど風が強いとかでない限りは新湊大橋なんでしょうねー。

 

5:30

朝食におにぎり二個とどら焼き一個をほおばります。

昨年は切り餅5個とか食べてた記憶がありますが、そんなにカーボローディングしないでもいいという情報もあり、自分が満足する程度の朝食にしました。

 

6:30

シャワーに入って、目が覚めたところでテーピングします。

今回も足首に入念に。

 

テーピングはニューハレXテープを6枚使用し、両足首をがちがちに固定します。

www.youtube.com

↑こんな感じ。

 

昨年もこのテーピングして走ったおかげか、最後まで足首の痛みはない状態で走り切れました。

今回も同様に最後まで足首の痛みなし。

なんかもう手放せなくなってきた感がありますね。良いのか悪いのか。

 

7:00

出発。

外に出てみると、すでに雨。

小雨でしたが先が思いやられます。

 

彼女様に近くまで送っていただき、会場まで10分程度歩きます。

この歩いてる最中の緊張感が何とも言えないですね。

 

いよいよはじまるぞ、という緊張と不安の入り混じった感情。

それと今回は雨への不安。

いろいろな思いを抱きながら会場へ向かいます。

 

7:30

会場到着。

会社の先輩方がすでに到着しており、地下駐車場で待機しているとのこと。

 

人波をかき分けながらなんとか合流し、準備します。

地下駐車場は雨除け・風除けには最適な場所でした。

 

準備してきた補給食やらレインコートやらグローブやらを体に装着し、準備完了!

手荷物を預け、スタートブロックに向かいます。

 

8:00

アミノバイタルをちびちび飲みながら、レース前最後のトイレへ。

今年はトイレの台数増えたのかな?

昨年に比べ、混雑は解消されており、非常にスムーズでした。

※大会レポみたらスタート直前はやはり混んでいたとのこと。余裕持って行動しておいてよかったです。

 

雨でもスタッフさんたちの動きはきびきびしていましたし、年々進化を感じます。

ゴール後も昨年よりもさらにスムーズに誘導され、ぼーっとしながらとぼとぼ歩いてたら、いつの間にか荷物受け取って着替えが済んでたという感じ。

 

地元民が言うのもなんですが、素晴らしい大会だと思います。

 

8:30

スタートブロック(B)の最後方に整列。

 

ここで今回初投入のVESPA PROを摂取。

味は・・・まずい・・・・。

微かにはちみつの香りがしますが、なんていうか、薬品ぽい香りと苦さのある味。

 

もう一つ持ってきてるVESPA HYPERはPROをさらに濃縮して小さいサイズにしたもののようなので、給水所で一気に流し込まないと無理だと判断。

 

スタート直前、雨もなく、風もほぼなしの状態で、少し暑く感じだしたので、レインコートを脱ぎ捨てます。

レース中もレインコートほしい!と思うタイミングはなかったので、これは好判断だったと思います。

 

START-5km 30:26(スタートロス 1:10)

いよいよスタートです!

昨年まではドキドキしつつ、気合入れていくぞー!という感じでしたが、今年はなぜか落ち着いていました。

 

フルマラソン3回目の慣れなのか、それとも心身ともに充実しているという自信の現れなのか、自分でもよくわかりませんが、落ち着いた状態でスタートを切ることができました。

 

スタート直後、なんとゲストの金さんが隣で走ってる!!

握手お願いしようかと思いましたが、恥ずかしいのでスルー。

「ランスマいつも見てます!!」とか、「先生!!いつもお世話になってます!!」

とか言っておけばよかったなと後悔。

※ちなみに金さんはこの後見事完走されたそうです。

 

2kmくらいまで、雨にも関わらず昨年と変わらないくらいの応援。

幼稚園児たちがかっぱきて大声で「がんばれー!がんばれー!」と叫んでいる姿。

目頭が熱くなりました。

 

その後もFINISH地点まで熱い応援が続きます。

本当に、本当に感謝です。

 

3km地点くらいまでは、5:50~6:00/kmのペースで淡々と走り続けます。

でもさすがにBブロック。続々と抜かれていきます。

抜かれることを想定してBブロックの最後方につけておいてよかった。。。

 

それでも淡々と黙々と走る。

4km地点でサブ4ペーサーに抜かれますが、あせらず、あせらずと言い聞かせ淡々と走ります。

 

ふと時計を見ると、ペースは5:30/km。

えっ!と思って少し落として5km地点では5:45/kmに。

 

淡々と走ってるつもりでも、周りに流されていたようです。

これは一つ目の反省点。

 

心拍数もいつもより若干高めで、172bpm。

このペースでこの気温だったら160台じゃないとおかしいんですけどね。

レースの高揚感からか、それとも体調がおかしかったのか、この影響は後程出てきます。

 

5km-10km 28:23(00:58:49)

5km地点で、塩熱サプリ補給・・・と思ってFlipbeltをガサゴソ探しますが、、、ない!!

なんと、忘れてきたようです。

これが二つ目の反省点。

 

でもまぁ、昨年も塩は補給してないし、スポドリのんでりゃなんとかなるかとポジティブに切り替えます。

 

5km地点まで若干オーバーペース気味だったので、抑えて、抑えて、と自分に言い聞かせながら走りますが、ペースは5:31~5:40付近。

抑えるのってほんと難しい。

 

8.1kmの給水所で予定通りアミノダイレクトを補給。

10km近辺から庄川の堤防沿いに走ります。

 

10km-15km 28:01(01:26:50)

11km地点の給水所でスポーツようかんを半分だけ補給。

一本いかなかったのは、一気に食べると胃に負担がかかると思ったのと、後々エネルギー切れになりそうになった時の保険としてですが、結局最後まで残したまま。

 

これもダメだったのか・・・。ちょっと判断しかねるとこです。

 

ペースとしては5:31~5:45あたりをふらふらと。

ここも若干オーバーペースなのが気になります。

後半型の走りをするなら、もっと抑えることを身につけないとダメですね。

 

15km-20km 28:55(01:55:45)

昨年撃沈した新湊大橋の登り区間です。

 

ここまであまりにも写真がないので、ご参考までに晴天時(富山マラソン2016)の新湊大橋です。

f:id:chinoripan:20161101220342j:plain

今年は山もみえず、、、。海王丸(左側の帆船)を見てる余裕もなかったです。

 

17km付近からは雨が強くなってきました。

風はそれほどでもない感じ。

私は装備がよかった(上半身:CW-X長袖、Tシャツ、裏起毛耐水グローブ 下半身:CW-Xタイツ、ハーフパンツ)のか、あまり寒さを感じず。

 

特にグローブが効いていて、これのおかげで最後まで特に寒いと思うことはなかったです。

 

18km前後の給水地点でVESPA HYPERを摂取。

うん、まずい。

これは給水で流し込まないと無理な味。心配な方はちょっとお高めですが練習時に試してみたほうがいいかと思われます。

 

VESPAの効果について、撃沈した自分がいうのもなんですが、効果大だったと思います。

レース序盤から体がいつもより熱く、汗もいつもより多め。

これが脂肪燃焼できている状態だったのか、脚の売り切れ感は最後まで感じず。

 

それから少し行くと、新湊大橋の登りが始まります。

登りの直前、遠くから「フォー!!!フォー!!!」と木霊してきます。

声の正体は有森姉さん。

 

毎年この新湊大橋の直前で選手を大声で鼓舞しながら、選手とハイタッチされてます。

これには本当に元気づけられました。

 

そして問題の登りへ。

昨年はこの登りで調子に乗って、下りで撃沈という流れだったので、慎重に進みます。

 

ペースは6:00/kmほど。

20kmすぎで登り切り、脚の状態は良好。

 

今年はいける・・・!!と思ってました。この時までは。

 

20km-25km 28:25(02:24:10)

20kmからは下りですが、ここで飛ばすと脚に負担がくることは経験済みなので、抑え気味に走ります。

下り切る22km前までのペースが5:50/kmほど。

 

昨年よりは脚の余裕感があるものの、さすがに疲労を感じて予定より少し遅めの5:35/km程のペースで脚の回復を待ちます。

 

そのまま25kmまで巡行。

 

25km-30km 32:51(02:57:01)

30kmの壁・・・ですね。

 

様子がおかしくなってきたのは26km近辺。

なんだか息苦しくなってきます。息苦しさに足の疲労感もついてくる感じ。

ペースは5:59/kmまで落ちます。

 

28kmでなんとか復活し、5:45/kmまで戻しますが、29km地点でつらさに耐えきれずついに足を止める・・・。

 

足を止めた瞬間、頭がふらっとし、直後に吐き気。

これはやばいなと思いながら、しばらく歩いてめまいが回復するのを待ちます。

呼吸を整えるとなんとか持ち直したので走り出しますが、数百メートル走ったところでまためまいを感じて歩きます。

 

さー地獄始まったかなとか、もしかしてハンガーノックか?とかいろいろ考えながら気持ちを落ち着かそうとしますが、

もうこの時点で、心折れちゃってました。

 

サブ4は早々に諦め。なんとか完走しようと気持ちを切り替えようとしますが、悔しさと辛さでそれどころじゃない気分。

 

歩く、走るを繰り返しながら回復を待ちます。

 

30km-35km 38:17(03:35:18)

今回のワースト区間です。

 

29kmで感じためまいは結局あまり解消されず。

ハンガーノックをまず疑って、給食を積極的にいただきますが、胃の調子も悪いのか、あまり受け付けず。

戻しそうになりながらも流し込みます。

 

給水しても胃が受け付けず、逆流してくる何かに耐えて走り続けます。

のどの渇きや頭痛などは感じなかったので、脱水症状ではないだろうと思ってますが、いまだにこの症状の正体がつかめていません。

 

33kmまでは、歩く・走るを繰り返しながらなんとか耐えます。

 

33km地点。神の恵み(コーラ)が目の前に現れました。

もちろん2杯いただきます。

もうがぶ飲み。

 

飲んだ瞬間五臓六腑にしみわたる。まさに神の恵み。神の水。

 

そのあと、34km地点からはだいぶ回復したのか、ゆるーいペース7:00/kmくらいで走り続けられるようになりました。

 

コーラで回復するってことは、やっぱりハンガーノック低血糖)だった?

そのほかに貧血も疑ってるんですが、どっちなんでしょう。

※レース後に下まぶた見てみたら、真っ白でした。これが貧血の証だそうな。

 

それとも、貧血と低血糖のダブルパンチ?

とにかく、これが次回に向けた一番の課題となりました。

 

35km-40km 35:36(04:10:54)

コーラで若干持ち直したものの、その後も低速巡行が続きます。

 

36km付近でカフェイン入りのshotzを補給してからさらに持ち直しますが、時すでにおすし。

 

ここからはPB更新が射程に入ってきたので、なんとか踏ん張ります。

1kmごとにあと〇km・・・!あと〇km・・・!と頭の中で念仏のように繰り返しながら進みます。

 

こんなんじゃ、後半ビルドアップとか夢のまた夢ですね・・・。

 

そして、この辛いタイミングでの熱い応援。

涙が出そうになりました。いや出ていた。

 

ZARDの負けないでをアカペラで、大声で歌って励ましてくださったお姉さま方。

雨の中でも関係なく太鼓をたたき続けている応援団のみなさま。 

一人大声で「がんばれー!あとちょっと!!」と選手を励まし続けるお兄さん。

※↑このお兄さん、動画UPしてた!!ちょっとびっくりw

www.youtube.com

 

雨の中なのにです。

 

ここにきて、雨足はさらに強まってました。

それなのにです。

 

そんなみなさんに「ありがとうございます!」とお返し出来たらよかったのですが、辛くてそんな元気もなく。

いつの日か、「ありがとう」と言えるようになりたい。

そう強く思いました。

 

本当に素晴らしい応援でした。この場を借りて感謝申し上げます

 

40km-FINISH! 13:58(04:24:52)

例年のごとく、ラストだけダッシュ決めてフィニッシュ。

 

PB更新の喜びは一切なく、ただ悔しさだけが残りました。

「まただめだった」と。

 

呆然としながら、ゾンビの群れと化したFINISH後のランナーの波に飲み込まれ、あれよあれよという間に手荷物を受け取り、着替えを済ませます。

 

その後はスタバでまったりしながら反省会。

 

いまだに「めまい」、「吐き気」直接の原因が何なのかはよくわかってはいませんが、おそらくは「ハンガーノック」か「貧血」。

それともともと胃弱体質でもあるので、吐き気はそれが関係してそうな気もしてます。

 

以上、当日レポートでした。

次回は総括編でも書こうかと思います。

広告を非表示にする