読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

運動不足SEがサブ4目指す

慢性的に運動不足な30代SE(システムエンジニア)がマラソンでサブ4(4時間切り)を目指します。

サブ4目線で「アディゼロジャパンブースト3」をレビュー

ランニングシューズ

[アディダス] adidas ランニングシューズ adizero Japan boost 3 Wide IUT02 AQ2435 コアブラック/ランニングホワイト/レイレッド F16 24.5

サブ4目線レビュー 2足目です。

 

今回レビューするのは、「アディゼロジャパンブースト3(adizero Japan boost3)」です!

 

 

まず注意点! と、レビューする人の情報を書いときます。※以前のレビューでも書きましたが、念のため。

  • あくまでも「サブ4目線」です。サブ4を目指す上で、どうなのよ!ってところを、できるだけ数値で表現していきます。
  • 練習にもレースにも使うという前提です。練習用・レース用と分けだすとキリがなさそうですし、サブ4レベルで使い分けも特に必要ないと思いますので。
  • ランニング歴1年と2ヶ月少々の「私」の感想です。未熟な点が多々あると思いますが、ご了承ください。

 

レビューする人の情報

足型

f:id:chinoripan:20161114215619j:plain

 

購入サイズ

26.0cm ワイドサイズ

 

アディゼロジャパンブースト3は、通常版は足幅「E」向けらしいです。

日本人の平均は「2E」らしいので、外国メーカーらしく、少し幅狭めに作られてますね。

 

私の足は左右不均等・・・。なので、広い方の「2E」に合わせて、ワイドを購入しました。フィッティングした感じでは通常版でもいけそうだったんですが、やっぱり幅広の右足の方はきつめだったので・・・。

 

左右で幅違うとか、長さ違うとかってほんとに靴選び悩みますよね・・・。

基本は幅広い方・長い方に合わせるべきだとは思いますが。

 

走行期間

2016/8/10~現在(2016/11/15)

 

短めです。ライトレーサーTS5から浮気しました。

できるだけ1足で済ませたかったんですが、つい・・・。

今では練習用がライトレーサーTS5、レース用がアディゼロジャパンブースト3になってます。

なので、走行期間は短いものの、ハーフ1回、フル1回走ってます。

 

走行距離

136km

 

今日初めて走行距離計算してみたんですが、意外と短いですね・・・。

まぁ、フル走ってるので、それなりにレビューはできるかと思います。

 

では、本編です。

 

レビュー(評価)

 

観点 重要性
10(高)→1(低)
点数
10(高)→1(低)
重要性×点数
価格 7 2 14
デザイン 6 9 54
重さ 4 6 24
フィット感 8 10 80
反発性 4 7 28
クッション性 6 5 30
グリップ力 3 8 24
耐久性 5 4 20

 

合計得点:274点!!

得点率 63%!!(274点/430点(満点)=0.63)

 

個人的には素晴らしいシューズだと思ってるので、80%くらいいくかと思いましたが、点数付けしてみたら意外と低い!

価格と耐久性が難点ですねー。

 

各観点の点数についてそれぞれ解説していきます。

 

価格:2点

これは私が知ってるシューズの中でも、最高クラスに高いですね!w

 

1足10万円くらいのシューズ「adizero takumi sen celebration」もありますが、これは例外中の例外ですね。

 

定価はなんと、15,560円。恐ろしい。

 

Amazonだともうちょい安く買えますが、それでも13,000円前後。

独身社会人 もしくは、非常に理解がある奥様、旦那様をお持ちの方しか買えない代物ですな。
 

1点にしようかと思いましたが、takumi renとか、takumi senとか、もっと高いシューズがあるので、おまけして2点です。

 

デザイン:9点

さすがadidasといったところでしょうか。

かっこいい!!

とくにTOP画像のワイドモデルの黒はオシャンティーで気に入ってます。

全部黒だったら芸がないですが、かかとのワンポイントがいい仕事してます。

 

Nikeもかっこいいモデルが多くてハズレが少ない印象。

国産も是非とも追いつけ追い越せで頑張っていただきたい。

外見から入るひとって結構いますからね・・・。

 

重さ:6点

223g(26.5cm)です。

ライトレーサーTS5(210g 26cm)より若干重い程度。

 

ライトレーサーと同じく、サブ4向けとしては軽めの部類かと思われます。

 

アッパーがスカスカなのと、ミッドソールの「BOOST」素材が厚さの割に非常に軽量なため、この軽さを実現できているんだと思います。

 

フィット感:10点

文句なしの満点!

 

足全体にぴったりフィットします。

特筆すべきなのが、かかとの固定感と、アッパーのピッタリ感。

 

かかとはガッチリ固定されて、非常に安定していて、走っていてずれる感覚は全くなし。安心感があります。

 

アッパーはメッシュ生地で伸縮性があり、少々密着しすぎかなという印象ですが、走っていると全く気にならなくなります。

むしろ、その密着感が心地よく、シューズの内部で足を安定させるのに一役買っています。

まさに、裸足で走ってるような(少し言い過ぎか?)、そんな感覚。

シューズを履いていることを忘れさせてくれます。

 

褒め過ぎてるので、欠点がないかなと、思い返しましたが、特に思いつかず。

フィット感で言えば完璧ですね。

 

反発性:7点

さすが、「BOOST」という感じでしょうか。

「BOOST」とは

公式サイトより引用:

クッション性と反発性を両立した革新的ミッドソールテクノロジー。バネのような新感覚クッションで、少ない力でどんどん前へ進みます。

http://shop.adidas.jp/model/IUS99/

 見た目発泡スチロールみたいなクッションです。

以下の動画がわかりやすいかと思います。

www.youtube.com

 

動画をみてぐにょぐにょぽーんって感じ?を期待したのですが、キロ6分くらいでは、あまり、ポーンって感じはなし。普通レベルかと。

キロ5分前後から、ようやく反発性を感じられるようになって、キロ4分あたりでポーンと跳ね返るような感覚を感じられます。

 

サブ4レベルでは微妙かな、と思いますが、ライトレーサーTS5と比較するとやはり高い反発性を感じられるため、「7点」としています。

 

一応公式ではサブ4向けのシューズとして扱われてますが、真の実力を発揮するのは、サブ3.5以上からかもしれませんね。

 

クッション性:5点

これは予想外に低め。動画から察するに、ぐにょぐにょぽーんってのを想像してたんですが、走り出しの第一印象は「かたっ!!」でした。

 

見た目優しい人に冷たくされたら通常の3倍冷たく感じる あの現象です。

 

固くは感じますが、走る前の妄想を排除すると、普通レベルのクッション性だと思います。

 

このシューズでフルを走りきりましたが、怪我が完治していない状況でもなんとか走りきることができました。

柔らかすぎず、硬すぎずの絶妙なクッション性ということなんだと思います。

柔らかすぎても安定性がなくなりますし、硬すぎても脚に疲労が溜まっちゃいますしねー。

 

グリップ力:8点

素晴らしいグリップ力です。

素晴らしすぎて、走ってたらネチャッネチャッっていうグリップ音がします。

 

普段聞き慣れない音なので、後ろから誰かが走ってきてると錯覚するほどです。

いや、大げさじゃなく、ほんとに何回か勘違いしました。

 

雨の日も安心。ただ、高いシューズなので、雨の日に使ってドロドロにしたくないというジレンマが。

 

レースで雨降っても安心してスピード出せるのは非常に大きいかと思います。
 

耐久性:4点

グリップ力が高いせい?か、耐久性は若干低めかと思われます。

 

走行距離はライトレーサーTS5の3分の1程度なんですが、すでにそれ以上にアウトソールが削れてきてます。

 

かかとの一番削れやすい部分(外側)は、削れやすいことを考慮してか、もとから斜めに削ったような加工がされてます。

 

そのおかげか、かかとの削れは大したことないんですが、つま先から中間部にかけて、結構削れてきてる状況。

多分500kmくらい走ると、だいぶ削れてきちゃうんじゃないかなーと。

 

価格も相まって、セレブ向けの一足ですね、これは。

 

総括

ライトレーサーTS5と同様に、意外と低い点数になりました。

性能・デザイン共、文句のつけようがない一品ですね。

 

ただ、価格と耐久性がひじょーーーに、ひじょーーーーーーにネック。

型落ちでセールしてたら、即購入でいいかと思います。

 

練習用・レース用共に使えるものを!とか言っておきながらなんですが、こういった性能はいいけど、耐久性が低く、かつ、価格が高いシューズの存在を考えると、やっぱり練習用・レース用で使い分けるのが理想なんだろうなー。

 

adidasが個人的に足にピッタリくるので、高い評価になりましたが、ワイドサイズでも2Eなので、幅広な人はその時点で対象外になっちゃいます。

もうちょっとワイドなサイズを展開していただけると助かるんですけどね。

 

 今回ご紹介したシューズはこちら。

 

 こちらも合わせて御覧ください。

chinoripan.hatenablog.com

 

chinoripan.hatenablog.com

 

chinoripan.hatenablog.com

 

 

 

広告を非表示にする