読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

運動不足SEがサブ4目指す

慢性的に運動不足な30代SE(システムエンジニア)がマラソンでサブ4(4時間切り)を目指します。

第2回 さいたま国際マラソンを観た感想:感動した!

さきほど「第2回 さいたま国際マラソン」観てましたが、感動しました!

 

多分、自分がマラソンランナーじゃなかったら、感動してないだろうなとは思いますが、やっぱり辛さを知ってる分、感情移入がハンパない。

 

あとは、富山マラソン後、一番初めに全国区で放送されるマラソン大会っていうのも大きいかも。

まだつらい記憶が鮮明に残ってる分、「がんばれ!!」って思う気持ちも強くなってるんですね、きっと。

昨年も、吉田香織選手がゴールした瞬間、感極まった記憶がありますw

 

結果としては、那須川選手が日本人トップの5位となりましたが、ラスト2kmのフィン選手とのデッドヒートは熱かった。。。

 

 

25km以降、那須川選手の500mくらい後ろにフィン選手がつけてて、徐々に徐々に追いついてきます。

 

39kmくらいで追いつかれて、これは負けたかなーと思ったら、那須川選手も意地で食らいつく。

 

この時点で、おそらく二人共限界を超えてるはず。

那須川選手は割りとクールに見えましたが、フィン選手は、あごがあがってきて、表情もつらそう。

 

実際走ったらわかりますが、35~37km以降って、もう足を使い切ってて、気力・根性しか残ってないんです。

※この地点で余裕がある走りが理想なんですけどね・・・。

 

そんな中でも沿道の応援に笑顔をみせた那須川選手。

この人はすごいな・・・。

 

勝負はゴール直前まで続きます。

最後の曲がり角まで並んでた二人ですが、曲がり角直前、那須川選手がラストスパート!

ここまで足ためてたんですね・・・。フィン選手に5mほど差をつけます。

もう意地しか感じない。

 

最後はほんとうにほんとうに辛そうな表情になりながら、ゴール!!!

いやー、素晴らしかったです。今年も感極まってしまったw

 

 

さいたま国際マラソンは今年コースが変わったようですが、昨年も魅力だった箇所である、「トップランナーとすれ違える箇所」は残ってましたね。

 

f:id:chinoripan:20161113123107p:plain

 

一般ランナーからすると、トップランナーの本気の走りを生で観られる機会は貴重ですし、なにより、「応援」できますよね!

 

昨年も一般ランナーからの応援はすごかったですが、今年はさらにすごかった!

特に、地元出身の吉田香織選手への応援は熱い!熱すぎる!!

 

www.youtube.com

昨年の動画でちょっと画質は悪いですが、ここらへんです。

 

みなさんベスト更新を狙ってたりとか、もう息も絶え絶えで非常に辛い状況だったりするにもかかわらず、足を止めて応援したり、大声張り上げて「がんばれー!!」って応援したり。

 

沿道のみなさまの応援もものすごく嬉しいんですが、同じコースを、同じように辛い思いしながら走ってる人たちから応援されると、嬉しいだろうなって、ただテレビをぼーっとみてる自分が思うくらいですからね。

 

選手にとってはさらに色んな感情が巻き起こるポイントだろうなって思います。

 

実際、吉田香織選手はこのすれ違いポイントで、落ち込んだペースがだいぶ回復してます。

序盤から那須川選手にはだいぶ離されてたんですが、ここでかなり追いついてました。

 

最後まで追いつくことはできなかったですが、全力を出し尽くすことはできたんじゃないでしょうか。

ここまで応援されると、「また頑張ろう」って思えますよね。

世界陸上 2017に向けて、ぜひとも頑張っていただきたいです。

 

埼玉は富山から遠いですが、いつか走ってみたい大会のひとつですね。

富山マラソンがほぼ同じ時期に開催されるので、難しいんですが、自分の脚力に余裕ができたら、走れる日が来るかも。

 

 

以上、感情に任せて殴り書きしてしまいましたが、自分がやってるスポーツってやっぱり熱中して観ちゃいますね。

 

私にとってはサッカーもその一つ。

観てたらついつい感情的になって、周りを驚かせたりしちゃうので、今後はちょっと自重しようかな、とこの記事を書いていて思いましたw

広告を非表示にする